a ホテル案内 客室案内 オンラインサービス 周囲環境 問い合わせ b
• 简体        • 繁体  
• 日本语     • English 

 

ホテル周辺のアクセス及び地域情報
虹橋空港へのアクセス - 20Km
+86 (0)21 62688899
タクシー:ホテルから約40~50分、片道約45-55元(交通状況による)
路線バス:806 天平路宛平南路(肇家浜路の近く)
   
浦東空港へのアクセス – 55Km
+86 (0)21 96081388
タクシー:ホテルから約60~80分 、片道約150-180元。23時以降の夜間料金時の片道料金は約200元
路線バース:空港3号線に乗って、天平路徐家匯で搭乗/下車
   
上海駅へのアクセス
+86 (0)21 63179090
上海市闸北区秣陵路303号
タクシー:ホテルから約10~20分、片道約45-55元(交通状況による)
路線バース104 宛平南路(斜土路の近く)
地下鉄:上海体育場駅で四番線(内環)を乗って、上海駅で降ります
   

上海南駅へのアクセス
上海南駅では世界初の円形駅で、20分ごとに発車しており、上海の南の扉とも言われております。
老沪闵路289号
タクシー:ホテルから約5~10分、片道約17-20元(交通状況による)
地下鉄:に乗って、上海南駅で降ります
   
静安寺へのアクセス - 8 Km
+86 (0)21 62566366
南京西路1686号
タクシー:ホテルから約5~10分、片道約12-16元(交通状況による)
地下鉄:地下鉄万体館一号線に乗り人民広場駅で二号線に乗り替え静安寺駅で降ります
   
上海博物館へのアクセス - 6Km
+86 (0)21 63723500
人民大道201号
タクシー:約10-15分、片道約15-25元(交通状況による)
路線バース: 864 宛平南路(斜土路の近く)
地下鉄:地下鉄万体館一号線に乗って人民広場で降ります。 片道3元
   
上海大劇院へのアクセス- 6Km
+86 (0)21 63868686
人民大道300号
タクシー:約10-15分 片道約15-25元(交通状況による)
路線バース: 864 宛平南路(斜土路の近く)
地下鉄:地下鉄万体館一号線に乗って人民広場で降ります。 片道3元
   
人民広場へのアクセス - 7Km
+86 (0)21 63181525
太仓路181号新天地广场
タクシー:約10-15分 片道約15-25元(交通状況による)
路線バース: 864 宛平南路(斜土路の近く)
地下鉄:地下鉄万体館一号線に乗って人民広場で降ります。 片道3元
   
新天地へのアクセス
+86 (0)21 63112288
太仓路181号新天地广场
タクシー:約20-30分 片道約18-25元(交通状況による)
地下鉄:地下鉄万体館一号線に乗って黄陂南路で降ります。 片道3元
   
外滩へのアクセス
+86 (0)21 58886000
中山东路1号
タクシー:約20-30分 片道約20-28元(交通状況による)
路線バース:932 宛平南路、片道2元
   
浦東へのアクセス
東方明珠タワー、商業金融区、正大広場
タクシー:ホテルから約10~20分、片道約45-55元(交通状況による)
地下鉄: 上海体育場駅で四番線(外環)を乗って、世紀大道駅で降ります
   
美罗城
+86 (0)21 64268888
肇嘉浜路1111号
徒歩で約10分
   
港汇港场
+86 (0)21 64070111
虹桥路1号
徒歩で約10分
   
汇金百货
+86 (0)21 64269999
肇嘉浜路1000号
徒歩で約10分
   
太平洋百货
+86 (0)21 64078888
衡山路932号
徒歩で約10分
   
东方商厦
+86 (0)21 64870000
漕溪北路8号
徒歩で約10分
   
宜家家居 IKEA
+86 (0)21 54254532
漕溪路126号
徒歩で約20分
 タクシー: 約5分 片道約11-12元(交通状況による)
   
南京西路 - 10 Km
タクシー: 約15分 片道約18-20元(交通状況による)
   


ホテルからビジネスビルへのアクセス
中国海洋石油大厦 20メートル
爱建大厦 20メートル
爱邦大厦 20メートル
恒安阁 20メートル
嘉汇广场 80メートル
金轩大厦 1Km
腾飞大厦 1Km
五洲国际大厦 2Km
飞洲国际广场 2Km
汇银广场 3Km
兆丰环球大厦 2Km
伊泰利大厦 5Km
金钟大厦 5Km
ホテル周辺の地域情報
徐家匯教会
1910年建築。フランス・ゴシック様式の建築である。時計台が高くそびえ立ち、ドアと窓の上部はアーチ型で、外壁の赤レンガが印象的。細部は大理石の彫刻で装飾されている。
豫园
明代に造られた、400年以上の歴史を持つ古典庭園。園内の庁堂楼閣、築山と流泉は、いずれも明・清時代の中国南部の庭園建築芸術を代表するもの。上海随一の観光スポットとしても有名で、約2万m2もの面積の中に40カ所余りの見どころを持ち、生き生きとした龍壁、曲がりくねった回廊およびさまざまな形をした花窓によって巧みに隔てられている。建物、緑、池の水面、美しい名石とが見事に調和し、中国の古典的な美の世界が堪能できる。
玉佛寺
1882年、普陀山の高僧であった慧根がミャンマーから2体の玉仏を迎えて建立したことから、名付けられた。
臥仏堂内に安置されている玉仏横臥像は、長さは約1m、紫檀作りの寝台に穏やかで憂いのない表情で臥している。玉仏楼に安置されている玉仏坐像は、高さ1.92m、幅1.34m。現在中国でもっとも大きな玉仏で、体に無数のメノウや翡翠石が飾られた世にも稀な珍品である。
精進料理も有名で、上海の美食家たちにも楽しまれている。
龙华古塔
三国時代の呉王孫権によって、三国呉赤鳥五年(紀元242年)に建立したとも伝えられる、上海で最古の寺院。何度も建て直されており、現在の境内の建築は光緒年間に建造されたもの。最大規模の仏教寺院で、敷地面積は2万m2以上。弥勒殿、天皇殿、大雄宝殿、三聖殿、方丈殿が並び、門前には龍華塔がある。
龍華寺の建築は雄大で、彫塑は精美、仏具は珍しいものが多く、花々はゆったりと咲き誇っている。境内には数多くの書道名人の肉筆題字があり、大変有名で貴重なものである。
外 滩
上海のもうひとつの顔が「老上海」といわれる1920,30年代の西洋文化の面影である。
クラシックな欧風建築が川のカーブに沿って延々と立ち並ぶ 。
上海博物馆
人民広場南側に位置する、鍋の蓋のような建物の上海博物館。1万2,000m2の陳列面積を持ち、約12万点の文物を所蔵しており、その収蔵品の豊富さ、品位の高さは国内外に知られている。1階に中国古代青銅器館、中国古代彫刻館、2階に中国古代陶磁器館、暫得楼陶磁器館、3階に中国歴代絵画館、中国歴代書法館、中国歴代印璽館、4階に中国少数民族工芸館、中国古代玉器館、中国明清家具館、中国歴代貨幣館という11の展示コーナーをもつ。中国六千年におよぶ古代芸術の輝かしい歴史を全面的に展示している。
上海历史博物馆
上海歴史博物館は1983年に建てられ、もともとは上海歴史文物陳列館と呼ばれていたが1991年改名された、上海の近代歴史の資料、発展の歴史が主に展示され、展示物は焼く1500件に及ぶ。また収集物は3万件あり、祖界時代の石碑、匯豊銀行の胴獅子像などは重要文化財となっている。
东方明珠电视塔
テレビ塔としては世界第三位、アジアでは第一位の高さを誇る、468mのテレビ塔。球体部分が展望台となっており、どの展望台からも周囲360度がぐるりと見渡せる。展望レストランや、町の発展の歴史を紹介する「上海都市歴史発展陳列館」なども併設しており、観光、買い物、娯楽、宿泊、ラジオとテレビ放送が一体化された上海を代表する建築物でもある。
上海宋庆龄故居
孫文夫人であり、中国名誉主席であった宋慶齢が1948年以降の半生を過ごした家。宋慶齢が実際に暮らしていた故居と、遺品が数多く展示されている陳列館がある。故居は彼女が生前暮らしていたときのままに保存されている。ただし、建物の老朽化が進んでいるとの理由から、2階には上がることができない。2階の部屋の写真は1階に展示されている。宋慶齢はこの家で多くの国家元首や国賓と会見した。故居内には各国家元首から贈られた品物の数々も展示されている。
 陳列館には彼女の生い立ちと共に、時代ごとに遺品が展示されている。遺品の中には彼女が1915年に日本で孫文と結婚したときの写真や結婚証明書もある。
黄道婆墓
黄道婆は古代中国の優れた紡績技術革命家で、松江府乌泥泾(現在の徐汇区华泾镇)に産まれました。伝説によると、崖州へと放浪した際に黎族の民から紡績技術を学び、それに手を加えたそうです。郷里に戻ってからは、棉紡績技術を広く伝え中国の紡績技術の発展に大きな貢献をしただけでなく、同時に上海を中国棉紡績工業の中心としての地位をも確立。黄道婆墓は元朝に設立されました。1957年に上海市人民政府によって修復され、記念碑を設立しました。記念碑の正面には「元代紡績家黄道婆の墓」と記され、裏面には黄道婆の伝説が詳細に記されています。1962年に再度修復され、漢白玉石碑が建てられ近年再び修復されました。墓地の周囲には松柏や黄楊、盤槐、マキが植えられており、花窓滴瓦の外壁で囲まれている。墓石の下には青レンガが敷き詰められていて、中央は楕円形の墓石があり、墓前には供物台と石腰掛けがある。右前方は1957年の碑で、中央には1962年の碑があり、厳粛な雰囲気である。1984年に再度修復され、敷地は100平方メートルである。円形の墓地で、青レンガが敷き詰められ三面を塀に囲まれている。墓前には魏文伯によって書かれた「元黄道婆墓」の字が記された漢白玉石碑があり、1987年に市クラスの文化遺産に指定された
嘉道理住宅
今日の上海市少年宮が嘉道理住宅です。この建築物は鉄筋コンクリート構造物です。一階ロビーはダンスフロアとレストランで、一階そのものが客人を招待し共同で楽しめる娯楽スペースです。上層には多くの寝室があり、全ての部屋の内装や色使いに特色があります。浴室とお手洗いだけでも六ヶ所あります。内外部の壁面や床はほぼ全てイタリア産の大理石を使用しています。入り口にはアイオニック式の大理石柱の回廊があります。ロビーは大理石の吹き抜けになっており、床にも大理石が敷き詰められており、中間部には柚木で模様を作り出し、理想的なダンスフロアとなっています。階段に使用している石や、手すりまでも大理石で、「大理石の家」とも呼ばれています。嘉道理氏は非常に大らかで幅広い交友関係を持っていたため、この巨大な宮殿は時として客人で一杯になりました。そうしなければ親子三人でこの宮殿に住んでも、孤独感を感じてしまいます。この建物の哲学は、一人で楽しむより大勢で楽しむことです。
石库门通り
石庫門は今日の上海人にとっては親しみがありながらもどこか少し遠く感じる場所で、現在まで使用されている上海独特の民居で、上海の街並みの至る所で発見できます。石庫門は近代上海人が生活してきた場所として、上海の由来と近代中国社会の変遷の一部を理解する鍵です。早期の石庫門民居の内装や建築スタイルは一部江南地区の特色を有しながらも、西洋都市の民居の特色も併せ持っているため、東洋と西洋を混合したものだと言えます。石庫門地区の建築物及び構造は、中国の伝統的な庭園式住宅から派生したもので、一般は上下二層に分かれており、湿気の高い江南地区において経済状況が比較的良い家庭は階層のある住居を求め、その高さと湿気から離れることに関係があります。また、租界の地価が高いため、民居が空間に発展を求めた方が経済的だとも取れます。
静安寺
静安寺は、悠久の歴史を持つ著名な仏教寺院である。三国時代、呉の孫権によって建立され、唐代に「永泰禅寺」と改称され、北宋時代に「静安寺」と名付けられた。静安寺の精進料理も有名で、名物料理として茄子汁で味付けされた車海老、青梅油揚げなどがある。境内には、「赤鳥山門」「天王殿」「功徳殿」「方丈室」がある。方丈室には、真言宗の壇場が新築され、厳かでしめやかである。左側には、持松法師の念仏堂がある。境内にある主な文物は、明代の洪武大鐘、南北朝時期の石彫刻の仏像、雲漢昭回の石碑などである。
上海の観光スポットに関しては次のURLをご参照ください